グーテンベルクと活字版印刷術

その02 活字版印刷術の完成と聖書の印刷

<筆写本と印刷本>

前回「その01 印刷術発明への歩み」の最後の部分で、グーテンベルクが手掛けてきた初期の印刷物を見てきた。しかしそれらのものはなお欠陥が多く、不完全なもので、巨匠がとうてい満足できるようなものではなかった。確かにラテン語教科書『ドナトゥス』の印刷を通じて、筆写とは比べ物にならないくらい速く、しかも安く、書物が仕上げられることを彼は知った。

とはいえグーテンベルクにとっては、印刷は筆写の安価な代用品であってはならないものであった。印刷はそれ自体として、完成されたものでなくてはならなかったのだ。優れた職人魂と求道者の心をあわせてもっていた発明者は、印刷技術の基盤を作った1440年ころからの10数年間、なお絶え間ない創造的不安の中にあったと思われる。というのは彼が模範にした筆写本はまさにこの時期にその花盛りを迎え、質的にも最高のレベルに達していたからである。

                 筆写による豪華な時祷書(1450年ごろ、フランス)

フランスとりわけブルゴーニュにおいては、祈りの時に用いる時祷書(じとうしょ)は華麗な色彩の絵や装飾的な頭文字などによって、特別に高価な豪華本に仕立てられていた。そうした挿絵や細密文字を描くために、当時有名な画家が活躍していたのだ。またイタリアの大商人や貴族たちは、えり抜きの豪華文学書や美しい豪華本のための図書館を作っていた。そしてゴシックの筆写芸術は、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアなどの修道院内の筆写工房において、最高の水準に達していたのである。新種の技術が同時代の筆写芸術と、美的にも肩を並べることができるためには、それまで以上の高度な役割を担わねばならなかったのだ。

いっぽう当時キリスト教会の改革を目指していたドイツ人の聖職者、ニコラウス・フォン・クースの影響を受けていたとみられるグーテンベルクが、まず何よりも印刷したいと思っていたのは、均一の内容の「ミサ典書」を大量に作りだすことだった。ミサはカトリックの祭儀の中心をなすものであり、「ミサ典書」はそれを執り行う際のいわばハンドブックであった。そこには教会暦を含めた祭儀細則をともなったミサ典範、順番に並んだミサ手続き、詩篇、説教そして個々の日曜祭日用の聖書の一節などが書かれていた。

ところがこの大切な「ミサ典書」も、何度も書き写していく過程で、しばしば書き間違いや文章の潤色、あるいはテキストを故意にゆがめるという事態が起こっていた。そのためクースは、すべてのカトリック教会に通用する統一的な「ミサ典書」の出現を求めていた。そしてその期待に応えるべく、グーテンベルクはこの書物の印刷を志したものと考えられる。

しかしながらグーテンベルク屋敷内にある印刷工房には、そうした多種多様なものを含んでいた「ミサ典書」の印刷に必要なだけの十分な活字がそろっていなかった。とりわけ聖歌用の活字、極小の活字、教理典範用の小文字と大文字が欠けていたのだ。

そのためにグーテンベルクとしても計画の変更を余儀なくされた。つまり一つの大きさの活字だけで印刷できるような別の作品を探したものとみられる。この過程で彼は協力者たちと相当突っ込んだ議論をしたようである。そしてここでも結局クースの影響が決定的な動機となって、聖書の印刷を選ぶことになったのだ。

<聖書の印刷へ向けて>

今日の視点に立てば、「書物の中の書物」と呼ばれる聖書こそグーテンベルクが真っ先に目指すべき対象だったように思われる。ところが15世紀の中ごろには、聖書は宗教生活の中心に位置していたわけではなかった。当時のカトリック教会の司祭宗教がとっていた立場によれば、聖書というものは、司教や司祭を通じて一般民衆に説明されるべきもの、とされていた。つまり聖書そのものを民衆自らが読むことは、カトリック聖職者の権威を保つのに都合が悪かったわけである。そのために幾多の宗教会議を通じて、聖書を各国語に翻訳することが禁じられていた。したがってこうした当時の一般的風潮からは、聖書を印刷して普及させるという考えは生まれてこなかったといえる。

しかし当時のカトリック教会の内部にも、教会改革の立場から聖書の普及を奨励していたクースのような人物もいたのだ。1451年5月、クースは教皇特使としてマインツのベネディクト派修道会の70人の院長を前にして、よい翻訳によって編纂された聖書を修道院内の図書館に備えることが大切である、とその意義を説いたといわれる。

そしてクースとの関係が深いグーテンベルクは、このとき改革派修道会における聖書に対する需要を悟ったものとみられるのだ。聖書のような大型の書物は当然高価になるはずであったが、そうした負担に応ずることができる潜在的な買い手としては、そのほかにも司教、大学教授、世俗領主などが見込まれていた。

<グーテンベルクとフストの出会い>

こうして聖書の印刷を志すようになったグーテンベルクにとって、当面の課題となったのは、ラテン語教科書「ドナトゥス」のような小型印刷物とは違った大作としての聖書の印刷に必要な資金だった。それまでもたびたび各方面から資金を集めてきたのだが、この度融資を受けることになったのは、書籍印刷の歴史において重要な役割を演じたヨハネス・フストであった。

            ヨハネス・フストの肖像画

フストはマインツの商人で、それまで写本の「ドナトゥス」を売るために、各地の大学都市を渡り歩いたものとみられている。そして「グーテンベルク屋敷工房」では、印刷された「ドナトゥス」を販売してくれる商人を必要としていた。それが最初のきっかけとなって、グーテンベルクはフストと知り合うことになったのだ。そして1449年の夏にフストから800グルデンという大金を融資してもらった。おそらくフストはすでに印刷されていた「ドナトゥス」などの作品を見て、印刷業がもたらす可能性を信じて、これだけの大金をよそから借りて融資したものと思われる。

それはともかく、この金によってグーテンベルクは聖書を印刷するために必要な、従来の「グーテンベルク屋敷印刷工房」よりも立派な設備を備えた印刷所を建設することができたのである。その場所としては、遠い親戚のヘンネ・ザルマンが所有していた地所が選ばれた。その印刷所には、最初は3台、のちには6台の印刷機が設置された。グーテンベルク屋敷工房には1台の印刷機しかなかったのに比べると、大変な拡充といえる。さらに植字用の作業台が6台と羊皮紙や紙の保管庫も建てられた。

フストは融資に対する担保として、組み立てられた印刷機その他の機械設備一切と付属の材料並びに出来上がる予定の作品を指定している。二人はこれらを定めた契約を1450年に結んだ。こうして巨匠は念願の大作「聖書」の印刷という大事業に乗り出していったのである。

<「四十二行聖書」の印刷~発明のクライマックス~>

一般に「グーテンベルク聖書」と呼ばれているものは、この「四十二行聖書」を指している。「四十二行」とは一ページに収められた行数を言うが、「三十六行」その他の行数の聖書も印刷されているため、こう呼んでいるわけである。

さてグーテンベルクは念願の聖書を印刷するために、まずその活字製造に全精力を注いだものと思われる。従来からあった豪華で華麗な筆写による聖書に、美的観点からも匹敵するような書物を作り上げるためには、何よりも美しい書体の活字を鋳造することが肝要だったからだ。そのために彼は当時存在した筆写によるラテン語聖書を模範にした。そしてこの写本の中から最も美しい書体が選びだされ、合字や略字を含めた全アルファベットがトレースされた。(ちなみにドイツ語訳聖書の印刷本が世の中に出回るようになるのは、それから70年以上のちに、宗教改革者マルティン・ルターがドイツ語に翻訳したものが印刷されてからのことである。グーテンベルク以前にも、筆写によるドイツ語訳聖書は刊行されてはいたが、その数量はごく限られていたため、一般にはほとんど普及していなかったとみられている)

ついで活字父型が彫られ、それが活字母型の中に打ち込まれた。その活字母型は活字鋳造機の中に挟み込まれ、その中に溶かした鉛合金を流し込んだ。そして最終作業として高さが調整されて金属の活字が鋳造されていったのである。

活字鋳造工房の様子(これは1568年のものであるが、グーテンベルク時代   と変わっていない)

アルファベットは基本的には26文字であるが、活字としては、小文字、大文字、合字、略字、句読点などが作られ、その際組版の行の初めと終わりをそろえるための工夫として、幅の広い活字や狭い活字などいろいろ鋳造された。こうして字種の総数は290種類にも上ったのである。全体の組上がりの美しさを、こうした様々な文字や記号の組み合わせによって、生み出そうとしたわけである。こうして出来上がった聖書用の活字は実にエレガントである。そして大文字は創造力にあふれていた。これらの活字づくりの準備作業のために、半年の歳月が必要だったとみられている。

                             「四十二行聖書」に用いられた活字一覧表

いっぽう組版の作成には、同時に四人の、のちには六人の組版工がたづさわっていた。そしてそれぞれの組版工のために三つの組版ケースが用意されていた。聖書の一ページには2600文字が詰まっていたために、三つの組版ケースには7800個の活字が入っていた計算になる。組版が完了すると、紐できつく結わえられて刷り版として印刷に回された。印刷が完了すると、組版は解かれ、活字は再び活字ケースに戻された。こうして繰り返し使用された活字は摩耗するので、常に新しいものと取り換える必要があった。こう見てくると、必要とされた活字の総量は、膨大な数に上ったはずである。

       活字鋳造機,植字作業用ステッキ、組版など

さて印刷機を操作する印刷工であるが、一台の印刷機に対して二人の印刷工が必要だったので、六台分では十二人いたわけである。また一台に一人のインク塗工と、印刷機の上に紙を置く作業員がいた。そのほかにも、活字父型彫刻師、解版工、印刷インクを調合する者、校正係、その他の補助作業員がいた。つまり少なくとも二十人のレギュラーメンバーが、そこで仕事をしていた計算になる。これらの職人たちは、のちに述べるように、その後グーテンベルクのもとで仕事ができなくなり、ヨーロッパ各地に散っていった。そしてその中には1470年代になって、各地での最初の印刷者として名を挙げた者が少なくない。つまりマインツのフンブレヒト屋敷の印刷所は、初期印刷者にとっての研修所でもあったのだ。

<マインツのグーテンベルク博物館内に設置された印刷機による聖書印刷の実演>

グーテンベルクが生まれ育ったマインツ市の中心部に、「グーテンベルク印刷博物館」がある。私はこの建物を数回訪れたことがある。いうまでもなくこの博物館は、印刷に関する総合的な博物館で、印刷術の歴史から世界各国の印刷事情に関する豊富な展示物であふれている。とりわけ活字版印刷術の生みの親であるグーテンベルクの生涯とその業績に関しては、他に類を見ないほどの充実ぶりを示している。なかでもグーテンベルクが使用していた時代の堅牢で、堂々たる印刷機を中心にもろもろの関連設備を備えたコーナーが、この博物館の目玉になっている。そして定期的に、一人の印刷工による聖書の印刷の実演が行われている。私もこの実演を、ほかの見物客に交じって、まじかでじっくり観察したことがある。聖書の一ページの印刷が終わると、希望者には刷り上がった一ページが与えられるのだ。もちろん私もそれを一枚もらって、今でもわが書斎にしまってある。

その実演の様子を撮影した四枚の写真があるので、次にご紹介することにする。

           活字を鋳造しているところ

         組版上の活字にインクをつけているところ

            印刷作業をしているところ

        刷り上がった聖書の一ページを点検しているところ

<聖書印刷の工程>

ここでグーテンベルクが行っていただろう聖書印刷の工程に目を向けることにしよう。まず印刷の前に羊皮紙や紙に、適度な湿り気が加えられた。そして裏面や組版面をそろえるために、きちんと畳んだ紙の縁に、針で小さな穴があけられた。紙葉全紙(表裏合わせて16頁)で用意されたものが、複雑な手順を踏んで時間をかけて一枚、一枚印刷されていった。この印刷の作業は極めて面倒なもので、たった一か所にブレがあったり、十分インクが付いていないページがあるだけで、全紙全体がだめになって、もう一度初めからやり直さなければならなかった。

印刷のスピードは、印刷工二人を付けた一台の印刷機で、一時間あたり8~16ページといったところであった。「四十二行聖書」は二段組みであったので、二巻本あわせて1282頁にものぼった。そのため推定発行部数180部を全部刷り上げるためには、一日十時間という平均作業時間で、六台の印刷機が同時にフル稼働して、333労働日が必要という計算になる。

ところが中世には様々な祝祭日があったために、一年間の労働日は188日にすぎなかった。さらに当初は四台の印刷機しか稼働しておらず、仕事をしていない時間や職人が一時的に別の仕事をしていたこともあった。こうしたことを総合すると、180部の完成までにかかった時間は、およそ二年間と見積もることができよう。

さらに装飾的な要素の強いこの作品には、印刷されない部分つまり見出しのイニシャルを手書きで彩色する箇所が、170か所も残されていたのだ。それを彩色する時間と製本する時間は数か月から半年ほどかかったという。

推定発行部数は180部であったが、そのうち羊皮紙製のものが30部から35部、紙製のものが145部から150部ぐらい印刷されたものとみられている。ちなみに現存している「四十二行聖書」は、羊皮紙製が12部、紙製のものが35部である。現在日本には、1部だけ保管されている。

ついでながらこれまで羊皮紙と呼んできたものは、実は羊の皮ではなくて、ヴェラム(子牛の皮)が使われていたのだ。わずか30部から35部の「四十二行聖書」のために、五千頭の子牛の皮が必要とされたといわれる。そのほかにも鉛などの金属代、インク代、職人への賃金、印刷所の家賃などもグーテンベルクは支払わねばならなかったのだ。とにかく豪華本「四十二行聖書」製作のための全経費は、膨大な額に上ったものとみられている。

<最高の完成度を示した「四十二行聖書」>

以上みてきたように、「四十二行聖書」の印刷には莫大な費用と労力、そして長い時間がかかったのである。その際グーテンベルクが追求したのは、美的・芸術的観点からいっても当時最高のレベルに達していた筆写による聖書に匹敵する、あるいはそれを上回るような作品を、活字版印刷によって作り上げる事であった。最高の品質への努力の中にこそ、彼の絶え間のない注意の目がむけられていたのである。その際横310ミリメートル、縦420ミリメートルという大きな判型、並びに二段組みという書物の形態は、最良の筆写工房で作られた当時の写本聖書に倣ったものである。

        )

         「四十二行聖書」(ルカ福音書の一部)

         

            「四十二行聖書」の外観

このほかにもグーテンベルクの聖書には、様々な点で、早くも活字版印刷の最高の水準に達していたことが注目されるのである。たとえば初期の「ドナトゥス」はまだ各行の長さがまちまちで、行末が不ぞろいであったが、「四十二行聖書」にあっては、初めてすべての行が同じ長さで印刷されるようになったのである。これは模範とされた写本聖書でも見られなかったことである。これによって書物の視覚的な美しさは一段と増している。この点において、印刷本が写本を上回ったわけである。今日の印刷では、本文の行末がそろっているのは当たり前となっているが、当時は様々な工夫の末にようやく達成された成果であったのだ。

さらに組版の規則的な正確さ、印刷インクの色が均等になっている点、その他もろもろのことが、今日でも到達できないくらいの完成度を示しているのだ。このヨーロッパ最初の活字版印刷本が、限りなく上品な美しさと優れた技量を示したこと、そしてその水準に達するのがその後容易ではなかったことは、現在の我々にとっても奇跡に思えてくるほどである。

歴史に残る、このような最高度の業績は、最高の品質に対する情熱と責任感を持ち合わせ、その仕事熱心さをすべての仕事仲間に感化させることができた、一人の偉大な人物によってはじめて達成されたものと言えよう。

<フスト、グーテンベルクを提訴>

グーテンベルクはフストからの融資によって新しい印刷工房を作り、「四十二行聖書」を印刷したわけだが、その完成まじかという時期に、巨匠はこのフストから約束不履行で訴えられた。その訴訟の様子は、ある文書によって詳しくわかっているが、ここではその経過は省略して、その事情をごく簡単に要約して説明することにしよう。

結論から言うと、「聖書」の印刷がすべて完了する以前に裁判所の裁定が出され、グーテンベルクは敗訴したのであった。その結果、彼は抵当に入れていた印刷工房や印刷機器など、そして刷り上がっていた作品である「聖書」をフストに渡さざるを得ないことになってしまった。

この訴訟の結果はたしかにグーテンベルクにとって、大きな衝撃だったと思われる。何しろそのライフワークともいうべき「四十二行聖書」の印刷がようやく完了するというまさにその時に、それを売って利益を得るという手立てを奪われたうえに、印刷所や印刷機器まで取り上げられてしまったからである。

そのために古来グーテンベルクに関する通俗的な伝記や読み物では、ヨハネス・フストは冷酷この上ない金の亡者のように描かれ、グーテンベルクのほうは逆に悲劇の主人公として、同情が寄せられるといった具合であった。しかしここでは、あるドイツ人研究者の冷静な見方を紹介することにしたい。

それによると、金を貸したフストには、印刷術の完成とか、作品を芸術的・美的観点から完璧なものにすることへの関心は全く見られなかった。その関心はもっぱら多大な利益をもたらす高価な商品である「四十二行聖書」を、一刻も早く完成させて販売することにあったのだ。

そのためフストは二度にわたって大金を投入してその完成を待ったのだが、完璧主義を貫いてじっくり時間をかけていたグーテンベルクの態度に業を煮やして、提訴したのであろうという。そしてこうした態度は商売人としては当然であったとみている。またフストは、当時封建的秩序の中で目を出しつつあった初期資本主義の、成功した金融業者だったという。さらに当時の裁判官たちにとっては、印刷術発明の歴史的価値などは認識すべくもなく、ただその時代の法の規範に従ったまでであろうとしている。

<フンブレヒト屋敷印刷工房からフスト&シェッファー印刷工房へ>

「四十二行聖書」の印刷という世紀の大事業の舞台となった「フンブレヒト屋敷印刷工房」には、すでに大規模な書籍印刷を行うための、あらゆる前提条件が備わっていた。そこには、紙、羊皮紙、印刷インクが豊富にあり、活字鋳造機や性能の良い印刷機が4~6台設置されていた。そのうえ活字父型彫刻師、活字鋳造工、組版工、印刷工、校正係その他の専門家からなる有能な職人のチームができていた。

さらにグーテンベルクは、改良された二種類の書体の新しい活字を準備していたかもしくはすでに完成させていた。それは「マインツ詩篇」のための活字で、おそらく印刷も始められていたものとみられている。そこに欠けていたのは、印刷という仕事を全体として統率、指揮していく人物であった。

かつての主人のグーテンベルクは、大きな不満を抱きながらも、そこを去り、最初の「グーテンベルク屋敷印刷工房」へと戻らざるを得なかったからだ。彼に代わって複雑極まりない印刷という事業を、継続してやっていける人物が果たしていたのだろうか? 当時もっとも経験を積んだ印刷工としては、ベルトルート・ルッペルとハインリヒ・ケッファーの二人がいたが、この二人ともグーテンベルクの信頼厚い人物で、巨匠と行動を共にしている。

こうして今や工房の単独所有者となったヨハネス・フストが選んだ人物が、ペーター・シェッファ-であった。そして「フンブレヒト屋敷印刷工房」はこの後、「フスト&シェッファー印刷工房」と名前を変え、グーテンベルクの遺産を受け継ぎながら、さらにその事業を発展させていくのである。

ペーター・シェッファ-の青少年時代については、あまり知られていない。しかし1420年から1430年の間に、マインツとウオルムスの間にあるライン河畔の町ゲルンスハイムで生まれたことは確かである。そのためにゲルンスハイムの人々は、今から百年ほど前に、この郷土出身の有名人のために記念碑を建てている。

彼はやがてフストの養子になり、金細工師フストの家庭で、一定の金属加工技術を習得していたらしい。ついで1444年にフストはシェッファーをエアフルト大学へ入学させ、さらに1449年にはパリ大学に聖職者として登録させている。そこで彼はラテン語を習得しただけでなく、筆写生、能書家としても働いていたものと思われる。彼が書いた素晴らしい書は、オリジナルはなくなってしまったものの、ファクシミリを通じて知ることができる。

おそらく1452年ごろ、フストはシェッファーをパリからマインツへ呼び戻している。そして彼はグーテンベルクのもとで印刷技術を習得するようになった。師匠のグーテンベルクにとっても、彼は呑み込みの早い優秀な生徒だったようだ。そのために師匠のもとで、旧約聖書の一部である「マインツ詩篇」用の活字の製造に関与していたものと思われる。

       「マインツ詩篇」の、ある一ページ(1457年)

1457年8月、フンブレヒト屋敷内の「フスト&シェッファー印刷工房」で、豪華本「マインツ詩篇」の初版が印刷された。これは二つ折り判340頁のもので、すべてが羊皮紙に印刷された。そして特記すべきことは、この時初めて書物の中に印刷者の刊記がしるされたことである。そこには作り手として、マインツ市民ヨハネス・フスト及びゲルンスハイム出身のペーター・シェッファ-の名前が書きこまれたのだ。またフストとシェとッファーが考え出した、二人の印刷者標章(プリンターズ・マーク)が、赤い色で刷り込まれていた。

          ペーター・シェッファ-の肖像画(上のもの)

          フスト&シェッファー印刷者標章(下のもの)

これは世界で初めての印刷者マークで、これ以後初期の印刷者はこうした印刷者標章を作って、自分の印刷所で印刷した作品に刷り込むようになった。

ところでこの作品は、すでにグーテンベルクによってその印刷が始められ、フストとシェッファーのコンビによって完成されたものである。しかしこれだけの完成度を保証した技術的基盤は、やはりグーテンベルクの優れた金属加工技術にあった、という認識ではほとんどすべての研究者の一致を見ている。その準備作業はフストの提訴以前にすでに始まっており、裁判の進行中も続けられたと思われる。その意味で「マインツ詩篇」は部分的には、グーテンベルクの作品でもあったといえる。

それと同時に、巨匠のこの作品を、フストとシェッファーがいかに模範的に継続発展させることができたか、ということも確認されるのである。この二人としては自分たちの最初の作品であったから、古い主人に引けを取るものではないことを、従業員やマインツ市民に証明する必要があったのであろう。そしてさらに巨匠を乗り越えることによって、従業員の古い主人への思い出を払しょくしようとしたものであろう。

ところで詩篇というものは旧約聖書の一部をなすもので、150の詩歌から成り立っている。そしてそれらは教会の日々の典礼用詩歌や讃美歌として用いられていた。そのためにこうした書物は先唱者や、できれば合唱隊員も一緒に読めるように、大きな活字で印刷されねばならなかった。さらに書物のなかには、中世の音符であるネウマや定量記譜が、彩色工または合唱指揮者によって書き込まれていた。

  「マインツ詩篇」の一部分(中世の音符ネウマが上のほうについている)

とにかく詩篇はミサ典礼にとって欠かすことができないものだったので、修道院や教会で大きな需要があったものと思われる。そしてその素晴らしい出来栄えによって、フストとシェッファーは聖職者たちからお墨付きをもらっただけではなく、商売の点でも成功を収めたものと思われる。

次に印刷されたのは「カノン・ミサエ」と呼ばれる小さな作品であった。これは二つ折り判24頁のものだが、ミサ典書の中ですべてのカトリック教徒に共通するのが、この「カノン・ミサエ」だといわれる。それだけに大きな需要があったようだ。

さらに三番目の作品として、1459年に「ベネディクト詩篇」が出版された。これは「マインツ詩篇」を改編したものだが、聖歌の収集や順番はベネディクト派のブルンスト信心会の規定によって変更されていた。判型は大きくなり、大きな活字にふさわしいものになっていた。活字書体のデザインの美しさは、1457年の「マインツ詩篇」を上回っている。「ベネディクト詩篇」はベネディクト派修道会から直接注文を受けたものとみられている。グーテンベルクがフランシスコ派修道会との関係が深かったのに対して、シェッファーのほうはベネディクト派修道会とのつながりを深めていったようだ。

四番目に重要な作品として、典礼用規則集が1459年に出版された。これは当時教会当局から重視されて、その使用が奨励され、頻繁に用いられていたものであった。この作品のためにシェッファーはとても小さな活字を新たにデザインした。つまり当時の人文主義者の手書き字体をまねた読みやすい「ゴチコ・アンティクア体」である。さらに同じ活字によって、1462年に「四十八行聖書」が印刷されたほか、教会法を学ぶ学生たちが必要としていた教会法典に関する書籍数冊も印刷された。

こうしてシェッファーは、教会が必要とする書物の印刷者となっていったわけである。当時書物を必要としていたのは、教会関係の聖職者か大学の学者であったが、そのどちらかと固く結ばれることによって、売り上げも確保されたのであった。

これらの作品の印刷・出版をつうじて、ペーター・シェッファ-は師匠のグーテンベルクの真の後継者であることを実証した。とりわけブック・デザインの面では、数々の新機軸によって、師匠の果たせなかったことも成し遂げたのであった。

グーテンベルクと活字版印刷術

前回の「ヨーロッパ中世の書籍文化」に続いて、今回は「グーテンベルクと活字版印刷術」について、2004年10月に朗文堂から刊行された『ヨーロッパの出版文化史』に基づいて、本ブログに書いていくことにします。

その01 印刷術発明への歩み

<グーテンベルクについての常識>

活字版印刷術がグーテンベルクによって発明されたことは、わが国でもあまねく知れ渡っている。中学の社会科や高校の世界史の教科書にも、必ずといっていいぐらいその名前が記され、その業績も簡単ではあるが紹介されているからである。たとえば高校の世界史の教科書の一つには、次のように記されている。

「ルネサンス時代には、技術の開発や発明も盛んにおこなわれた。その中でも三大発明といわれる活字版印刷術・羅針盤・火薬の発明は、文化・社会全般の革新・発展に大きく貢献した。ドイツ人グーテンベルクの発明といわれる活字版印刷術がヨーロッパに広く普及したのは、良質の紙を比較的安く供給できる製紙法が知られていたからである。この結果書籍がそれまでの写本に比べると、速く正確にしかも安く作られた。人文主義・宗教改革の思想が各地にすみやかに伝播した理由もここにあった」

私自身もこうした内容のことを習ってきたが、多くの日本人にとっても受験などを通じて、このことはほぼ常識になっているのではなかろうか? しかしグーテンベルクの活字版印刷術というものが、具体的にはどのようなものであり、またこの人物がどのような生涯をたどったのかという点については、はたしてどれぐらいの人が知っているのであろうか? 現在わが国で発行されている百科事典を広げてみても、その記述はあまり詳しくはない。またグーテンベルクに関して日本語で書かれた文献や書籍も極めて少ない。

ヨーロッパの出版文化の歴史をたどるとき、やはり活字版印刷術の中身とそれを発明した人物について、ある程度詳しく語る必要がある、と私は考えている。そこで以下にグーテンベルクの生涯をたどり、あわせてその業績について紹介していくことにしよう。

<グーテンベルクの出生>

グーテンベルクの肖像画(1584年製作の銅版画。同時代の肖像画は存在しな    いので、この姿が本物にどれだけ近いのかは不明)

ヨハネス・グーテンベルクは、南西ドイツのライン川のほとりの町マインツで、西暦1400年ごろに誕生した。その正確な生年について記した記録文書は残っていないので、もろもろの傍証から推測したものである。

父親のフリーレ・ゲンスフライシュは豪商で、その家系はマインツの名門の都市貴族であった。おそらく父親は織物取引に従事していたとみられるが、数代前から市内に広大な家屋敷を所有していた。

        マインツ市の景観(15世紀の木版画)

マインツはライン川とその支流のマイン川が合流する地点にあり、古代ローマ軍の駐屯地であった。そして中世には「黄金の町」と呼ばれたほどの繁栄を見せていた。また8世紀にはカトリック大司教の所在地となり、それ以後も宗教的・政治的に大きな役割を果たしていた。やがてこの町はケルンとともに、ライン地方の商業の中心地としても重きをなした。それは主として大司教からの全国的規模の注文によって、織物や金細工製品などの取引が促進されたからだ。こうして大規模な遠隔地商業に従事する大商人の経済力が高まるとともに、大司教の支配から脱して、皇帝直属の帝国自由都市となった。そして「商人ギルド」に結集していた大商人階級は、マインツの都市行政を担う「市参事会」の中枢メンバーとして、特権的な都市貴族となっていったのである。

印刷術の発明者の父親はこうした都市貴族の一人だったが、その妻の父親は小売り商人で、都市貴族ではなかった。そのためにヨハネス・グーテンベルクには四分の一だけ違う社会階層の血が流れていた。そして当時はこうした社会階層の違いは、極めて大きな意味を持っていたのである。このころ小売商人や職人が作っていたギルドと都市貴族の間で、階級間の激しい闘争が繰り広げられていた。こうしたことが発明者の性格や行動に暗い影を投げかけていて、通常の都市貴族がたどる経歴とは違った、特異な人生を歩ませたものと思われる。

<その青少年時代>

ヨハネス・グーテンベルクが誕生したとき、父親はすでに50歳ぐらいだったが、母親のほうははるかに若く、発明者はこの母親の影響を強く受けて育ったとみられる。そしてマインツの修道院付属学校に通って、ラテン語も習得したものと思われる。

その後彼は創立間もない中部ドイツのエアフルト大学に通い、そこでラテン語に磨きをかけたものとみられる。後に彼は自分が発明した印刷術で聖書その他を印刷したのだが、これらの書物はラテン語で書かれていて、総監督であったグーテンベルクにとってラテン語の知識は必要不可欠だったからである。また当時のエアフルト大学にはカトリック教会の改革の精神が躍動し、イタリアからドイツへ流入していた新しい人文主義の理念についても語られ、さらに広く政治的・社会的な事柄にも目が向けられていた。

このころドイツに対して、ローマ教皇をはじめとするカトリック勢力の圧力が強まっていたが、エアフルト大学の周辺にはドイツ人の民族的権利を強調する動きがみられた。保守的なカトリックの聖職者は自分たちの権威を守るために、一般の民衆が聖書を読むのを禁じていたのだが、この大学に大きな影響を及ぼしていた進歩的な聖職者は、人々が聖書を直接読むことを奨励していたのだ。

このような進歩的な雰囲気に包まれていたエアフルト大学で、当然のことながら若きグーテンベルクは、各国からやってきた修士や学生たちと知り合ってその視野を広め、新しい思想や潮流の影響を強く受けたことと思われる。のちにグーテンベルクが印刷術を発明しようとした根本的な動機も、こうした思想的な背景と結びついていたのだろう。そのいっぽうこの大学生時代には、当時の学生がたいていアルバイトとしてやっていた筆写の仕事にも従事していたものと思われる。

1419年の秋、彼がまだ在学中に父親が死亡した。グーテンベルクは翌年学長から修了証書を授与され、故郷のマインツへ戻った。

<その後のグーテンベルクの歩み>

マインツに戻ったグーテンベルクは、その政治的な立場が異なるため緊張関係にあった実兄の家族とともに、広大な「グーテンベルク屋敷」に住んだ。そして活字の鋳造には決定的な意味を持つ金細工の技術を、二人の職人から習得したものとみられる。

いっぽう20代のころの生活を想像してみると、負けず嫌いで、鼻っ柱が強く、陽気な仲間とも付き合う青年貴族の面影が浮かび上がってくる。しかしそれ以上のことはわからない。そして1429年から5年間、マインツから姿を消している。その間どこにいたのか史料が残っていないので不明だが、ライン川上流のバーゼルの手工業職人組合の会員となって、金属加工の技術に磨きをかけていたともみられている。

      シュトラースブルク市の景観(15世紀の木版画)

そして1434年から11年間にわたって、同じくライン川に沿ったシュトラースブルクの町に住んでいたことが、記録によって知られている。この町は現在はフランス領のストラスブールだが、当時はドイツ帝国の一部だった。地図を見れば明らかだが、マインツ、シュトラースブルク、バーゼルは、ライン川に沿って北から南へと真っすぐつながっていて、当時としても比較的容易に移動できたものと思われる。グーテンベルクが生きていた15世紀の中頃にはこの町の人口は2万5千人で、ドイツ帝国有数の都会であった。そしてマインツ同様に商工業の盛んな町で、ライン川の西の支流イル河畔の建物が、水陸両用の貨物の積み替え地となっていた。また中心部には当時からすでに壮麗な大聖堂がそそり立っていた。

このシュトラースブルクの町でグーテンベルクは1434年から1444年まで過ごしたわけであるが、それは彼にとって34歳から44歳までの壮年時代であったといえる。この間、彼とエネリンという女性との関係について記した文芸作品が昔から数多く存在する。しかしこの女性との結婚などについて書いた記録文書は一切存在しない。おそらくグーテンベルクは一時期彼女と関係を持ったがそれも切れて、それからは印刷術の発明へ向けて没頭していったようである。

その時代、1438年の初め、グーテンベルクは手鏡を作るための共同事業に関して、三人の仲間とある取り決めを結んだ。当時アーヘン大聖堂への巡礼行が行われていたが、そこでは救済用の手鏡が聖遺物の奇跡的な力を集めて蓄えると信じられていて、巡礼者に売られていたのだ。グーテンベルクが結んだ取り決めとは、独特な生産協同組合ともいうべきものであった。アイデアと製造技術を提供したグーテンベルクが利益の半分を、出費をした人物が四分の一を、そして労力の提供を申し出た二人がそれぞれ八分の一を受け取るというものだった。こうして手鏡はかなり短期間に完成したが、巡礼行が二年先に延ばされたために、作った手鏡は手元に保管され、利益のほうはお預けとなった。

この手鏡の材質には鉛と錫の合金が用いられたが、これこそグーテンベルクが後に印刷業務に取り組んだ際に鋳造した活字の材料と同じものだったのだ。活字版印刷術発明への技術的な前提の一つが、この手鏡製造という形をとって、ひそかに準備されていたのである。

手鏡製造が終わってから、あるいはそれと並行して、彼は新たな事業に取り組んでいた。それは当時人に知られてはまずい、ある新しい技術ないし発明を、協同組合方式で生み出そうというものであった。当時「印刷術」はドイツでは長いこと「黒い魔術」と呼ばれて疑惑の目で見られてきた。その事業をグーテンベルクは協同組合方式で、成功させようとしたわけである。この発明のアイデアと資本と労働能率の三つを結集した共同事業の形態こそ、のちに彼が活字版印刷術の発明と実践の際に用いたやり方そのものだったのである。

こうして手鏡製造の時に労力を提供した二人の人物は、秘密の術を教わる形で新たな事業の助手の役割を務めた。さらに別の人物が圧搾機を組み立て、一人の金細工師が活字父型を彫る仕事を委託され、材料の金属も購入された。これらのためには資金が必要であったが、延期になっていた先のアーヘンの巡礼行がその後実施されて、予定されていた売り上げがグーテンベルクの懐に入ってきた。

このようにして新しい事業は順調に進んでいった。しかし協力者の一人の兄弟から、ある時秘密の事業に関連して訴えられたが、一定の金を支払うことによって決着を見た。これは秘密裏に進めていた印刷事業を世間に公表できないという弱みを突かれたものであった。

<シュトラースブルクでの印刷事業>

こうしたつまずきはあったが、その事業はさらに進展して、市内の各所に拠点が作られて、必要な人材が配置されるようになった。グーテンベルクが住んでいた家には活字鋳造所があり、先の金細工師が活字父型を彫る作業を手伝っていた。しかし印刷工房と組版の作業所は、市内の別の家にあった。このように各作業所が離れ離れだったことは、確かに不便ではあったが、秘密の保持という点ではかえって勝っていたというべきであろう。

1439年には新たに5年の有効期間を持つ契約が結ばれた。そして新しい場所にそれまでより大型で質の良い印刷機が設置された。また以前より大量に羊皮紙や紙が購入され、新しい活字の鋳造のために、大量の鉛、錫、アンチモンなどが運ばれてきた。これらのためには多額の資金が必要であったと思われる。とにかく当時としては巨大な一つの事業を立ち上げるためには、莫大な資本が前提となっていたわけである。

グーテンベルクは当時「黒い魔術」などと呼ばれて、胡散臭い目で見られていた印刷術の発明に向けて、長期にわたる努力を傾けていた。そしてすでに印刷事業にも取り組んでいたのであった。その意味ではすでに「印刷術」は発明されていた、と言えそうである。

ところがいったい何をもって活字版印刷術の発明とするのかを決めることは、そう容易なことではないのだ。後世の人々は、ある偉大な発明が決まった時期に行われ、それが世の中にはっきり宣言されるものと、とかく考えがちである。しかし19世紀や20世紀のことはさておき、15世紀という昔には、そういうことはなかったのである。グーテンベルク自身は、自ら印刷したものに自分の名前を入れたり、発行年月日を入れたりはしていない。そのため彼が印刷したものの製作時期については、副次的な史料からさまざまに推測しているわけである。

こうした事情があるうえに、グーテンベルクは印刷技術のいろいろな工程に、どんどん改良を加えていっている。そのために最初の印刷物がいったいいつ製作されたのかという事も、簡単には言えないのだ。しかし複雑な過程は省略して結論だけを言えば、1439年の12月ないしその少し後に、最初の出版物を世に出した、と推測されている。

ちなみにグーテンベルクが亡くなって少し経った1505年に書かれた書物の中では、
「ヨハネス・グーテンベルクが1440年にシュトラースブルクで書籍印刷術を発明し、のちにマインツでこれを完成させた」
と記されている。我々は1440年にはグーテンベルクはまだシュトラースブルクに住んでいたことを知っているので、この記述は正しいものと言えよう。

グーテンベルクの立像(シュトラースブルク市に現在立っているもの、私が撮影)

<東洋における活字版印刷>

いっぽう活字を印刷用の刷り版に用いた印刷の方法自体は、グーテンベルクよりずっと早く、中国や朝鮮半島で行われていた。中国では古くから木版印刷が盛んであったが、北宋の時代(960-1127)に、泥土を膠(にかわ)で固めて、その上に文字を彫り、それを焼いて作った、いわゆる「膠泥(こうでい)活字」が発明された。

印刷にあたっては、鉄板に蝋を流して温めながら活字を並べ、並べ終えると鉄板を火からおろして冷却させる。そして蝋で活字が固定されるのを待って、そのあとは木版印刷と同じように活字の上に墨を塗り、上から紙をあてて文字を写し取るのである。

この方法だと、活字を用いるとはいっても、実際には木版印刷とあまり変わるところがない。片面印刷だという点と、文字が象形文字で膨大な数の活字を必要とした点、そして一枚一枚の組版を作るのがかなり面倒な作業であった点などの欠点があり、極めて能率の悪いものであった。その後の中国では、木や金属を材料とする活字が考案されたが、ほんの一部で使用されただけで、印刷の主流はやはり木版であった。

また朝鮮では、1230年に鋳造銅活字の印刷が行われた。しかし銅活字の鋳造が盛んになったのは李朝時代(1392年以降)に入ってからである。1403年に太宗は朝鮮に書物が少ないことを遺憾として、数か月の間に数万個の活字を鋳造させたという。そしてその2,30年後に儒教を広めるために、その関連の書物の印刷が奨励された。

しかしながら印刷物の内容は、国が指定したものだけで、民間で自由に印刷することは許されなかった。こうしたことから印刷の普及には限度があった。そして印刷機が用いられずに、上からこすりつける方式だったために、やはり能率の悪いものであったと思われる。これはグーテンベルクの発明に先立つことわずか半世紀のことであるが、彼が果たして朝鮮の活字印刷方式やその印刷物を、知っていたかどうかを立証する史料は存在しない。

<グーテンベルク方式の優れた点>

これらの東洋の印刷方式と比べて、これから詳しく述べるグーテンベルク方式は、大量生産方式に極めて適した効率の良いのもであった。その際多くの研究者が指摘しているように、活字に用いられた文字が表音文字のアルファベットだったという事こそ、グーテンベルク方式を可能にした大きな利点であったというべきであろう。この表音文字の持つ特徴によって、それほど数の多くないアルファベット活字を、随時組み合わせて植字をして組み版が作られた。そしてそれを刷り版として印刷し、印刷が終わるとその組版を解体して、再び新たな組版を作るという方法がとられたわけである。

後に明治時代の初めに、西洋からこの活字版印刷術が日本に入ってきたとき、本木
昌造などの努力によって象形文字である漢字の活字が作られ、それを組版にして活字版印刷をするようになったわけである。しかし15世紀半ばという時代に、膨大な数の象形文字の活字を作って、さらにその組版を作ることを考える人が果たして現れたであろうか?

次に活字版印刷術のどういう点が、グーテンベルクの独創であり、発明だったのか、考えてみたい。
まず第一に活字であるが、金属活字の製造方法そのものは、ヨーロッパでもグーテンベルク以前から知られていた。鋳造業者は13世紀ごろから金属や木に文字を彫って砂の鋳型を作り、そこに溶けた金属を流し込んで活字を作っていた。ただこれらの活字はばらばらのままで、製本業者が書物の丈夫な背表紙にそれらの活字を打ち込んで、書物のタイトルを作っていたわけである。

グーテンベルクは活字の鋳造そのものに改造を加えたうえで、さらに活字を自由に組み合わせて組版を作って刷り版とし、その刷り版を用いて印刷する方法を考え出したわけである。この点にこそ彼の発明の独創性があったというべきであろう。

第二に、有名なグーテンベルクの印刷機がどのようにして製造されたかということである。この点においては、彼は地の利を得ていたといえよう。彼が生まれ育ったライン川中流域は、名高いワインの産地で、マインツやシュトラースブルクには、ブドウの実を絞るのに用いられた、らせん状の圧搾機があった。こうした圧搾機を、彼は子供のころからマインツやエルトヴィル近くのエバーバッハ修道院で見ていたはずである。また布の上に模様を押圧する機械や、写本を製本する工程で圧搾を加える機械もあった。グーテンベルクはこうしたものにヒントを得て、圧搾式(プレス式)の印刷機を発明することができたのである。ちなみにこの押し付ける圧搾機の意味から、のちにドイツ語のDruckや英語のpressという言葉が生まれたわけである。

第三に、彼が活字版印刷に適したインクを作り出したことも、やはり高く評価されよう。それ以前に筆写や木版印刷に用いられていたのは、油煙や煤煙を水と膠(にかわ)類で溶いた水性インクであった。これは金属活字にはのりが悪く、うまく印刷できなかった。ところが1401年に、フランドルの画家ヴァン・アイク兄弟によってワニスを用いた油絵具が作られた。そして煮沸アマニ油を用いた油性の印刷インクの製造も行なわれるようになっていた。グーテンベルクはこれらに改良を加えて、鉛合金活字にのりの良いインクを作ったのだ。

第四は、技術というよりは生産体制の問題であった。グーテンベルクは様々な職種の人々を一つの事業目的に結集して、効率よく生産していく共同事業体制を採用して、印刷の大量生産方式を確立したのである。こうした初期資本主義的な生産方式こそ、グーテンベルクが単なる技術者ないし職人ではなくて、優れた経営者でもあったことを証明するものだといえよう。

グーテンベルクの印刷機(マインツのグーテンベルク博物館内に展示されている復元された印刷機)

<グーテンベルク、マインツへ帰還>

その後、シュトラースブルクが外国勢力の略奪を受けるという出来事があったりしたが、グーテンベルクは1444年には11年間住んだこの町を離れている。そして空白の4年間の後、1448年に故郷のマインツに帰還した。故郷を離れた時は30歳前後の青年であった。それから20年近くたって、この時には既に48歳になっていた。活字版印刷術の原理をすでに発明し、その共同事業体において、ラテン語教科書「ドナトゥス」などの印刷・刊行は軌道に乗っていた。

マインツでは、昔住んでいた「グーテンベルク屋敷」に再び住むことになった。そこにはもともと仲の良かった義兄が住んでいて、この義兄がヨハネスに対して、屋敷への居住とその中に印刷工房を建てることを許可したのだ。そしてここでもシュトラースブルクでやっていたように、豊富な資金の融資を受け、印刷工房を建て、印刷機その他の設備を設置し、必要な備品を備える事ができた。

グーテンベルクはこの印刷工房で、ラテン語文法書「ドナトゥス」を、継続して印刷した。その後の10年間で「ドナトゥス」は実に24もの異なった版で発刊されている。しかしわずか28頁というこの小型の書物は、もともとが消耗図書であったためか、現存するものはすべて不完全なものばかりである。

とはいえこの小型の教科書は、マインツ最初の印刷工房の能力に見合ったものだったようだ。後の聖書やほかの作品が二段組みだったのに対して、この書物はまだ一段組であった。それは印刷機の加圧版の大きさや押し付ける力が限られていたことによるのだ。一枚の組版の中に、たくさんの文字を入れ込むのはまだ無理だったのだ。さらに高価な羊皮紙の在庫数や、活字が摩耗するまでの耐久度などから、一度の組版でたくさんの印刷部数を見込むことはできなかったのだ。

そのために「ドナトゥス」のそれぞれの版の印刷部数は、200部から400部だと推測されている。こうしてこの教科書は数年かけて、4800冊から9600冊が、「グーテンベルク屋敷印刷工房」で印刷されたものとみられている。

    ラテン語文法書「ドナトゥス」の一断片(パリ国立図書館所蔵)